第4回熊本アートフェスティヴォ!受賞者ガラコンサート


 
平成30年3月10・11日開催
平成30年3月10・11日ガラコンサート開催 
専用チラシもご覧下さい

 
ガラコンサート(3月10日)

チャレンジ部門
大賞 受賞
音楽療育研究グループ くまの子会
聴衆賞 受賞
Nico to Pia
審査員特別賞 受賞
工藤 侑子
ゲスト
FreeStyle
新進若手演奏家
山根 吏央
的場 悟史
松永 藍

ガラコンサート(3月11日)

一般部門
大賞 受賞
楠田 美保
聴衆賞 受賞
船津 真美子
審査員特別 受賞
トラオレ ラミン
ゲスト
去川聖菜 寺島梨湖
永松英利とその仲間たち
熊本雅遊会


 
第4回
本公演はこちらから

第3回
本公演はこちらから
受賞者ガラコンサートはこちらから

第2回
本公演はこちらから
受賞者ガラコンサートはこちらから

第1回
本公演はこちらから
受賞者ガラコンサートはこちらから

アーティストバンク

熊本市駐車場公社の
トップページはこちらから

第4回熊本アートフェスティヴォ!受賞者ガラコンサート

日  時

チャレンジ部門
平成30年3月10日(土)
開場13:30 開演14:00(終了予定16:30)

一般部門
平成30年3月11日(日)
開場13:30 開演14:00(終了予定16:30)

出演時間
平成30年3月10日(土)(出演予定)
14:05〜14:12  的場 悟史
14:15〜14:25  山根 吏央
14:28〜14:43 松永 藍
14:46〜15:06 Free Style
15:20〜15:40 Nico to Pia
15:43〜16:03 工藤 侑子
16:06〜16:26 くまの子会
平成30年3月11日(日)(出演予定)
14:05〜14:25 熊本雅遊会
14:28〜14:48 去川 聖菜 寺島 梨湖
14:51〜15:11 永松英利とその仲間たち
15:26〜15:46 トラオレラミン
15:48〜16:08 船津 真美子
16:11〜16:31 楠田 美保
会  場
熊本市国際交流会館
入場料
チャレンジ部門
前売 700円(当日900円)
一般部門
前売 1,000円(当日1,200円)
両部門とも高校生以下・70歳以上無料
未就学児もご入場いただけます
プレイガイド
(予定)
熊本市国際交流会館(096-359-2020)
大谷楽器上通本店(096-355-2248)
チケットぴあ (0570-02-9999
 Pコード:チャレンジ部門105257 一般部門105291)
主  催
一般財団法人熊本市駐車場公社
一般財団法人 熊本市国際交流振興事業団
協  力
市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
熊本市健軍文化ホール
協  賛
お菓子の香梅
KINKEI FARM
明和不動産“ウレシイ”住まい探し
(株)大谷楽器
お問合せ先
一般財団法人熊本市駐車場公社 大塚
TEL096-328-2923 FAX096-359-7896
h_otsuka@kumamotocity-pf.or.jp




3月10日出演者紹介

音楽療育研究グループ くまの子会

大賞 受賞
音楽療育研究グループ くまの子会

音楽の力であらゆる障がいをお持ちの方を支援したいという理念を持つ仲間が集まり、音楽療育研究グループとして結成。メンバーは、ピアノやエレクトーンを教える音楽講師。障がいをお持ちの方々に寄り添う気持ちとともに、支援のための知識が必要と考え定期的に勉強会を開くと同時に、障がい者施設、病院、高齢者施設などに音楽セッションを届けている。これらの活動を通して、「色々な場所で手軽に音楽を楽しんでもらえるアンサンブルはできないものか」と考え、小学生でも持ち運べる軽くて小さな楽器鍵盤ハーモニカ(ケンハモ)を使い、お呼びがあればどこまでも出かけていき、見て楽しめ、聴いて楽しめるアンサンブルを届けている。結成して12年、ケンハモのアンサンブルを始めて2年。同じ思いを持った仲間が集まったとき、一人では発揮できない大きな力が生まれそのエネルギーとチームワークが力を与えてくれると信じている。
Nico to Pia

聴衆賞 受賞
Nico to Pia

柳美佳子(二胡)と楠元花実(ピアノ)の高校生デュオ。幼少時よりそれぞれの楽器を専門に学び演奏活動を行っている。熊大附属中学校在学時にアンサンブルデュオを結成し、二胡とピアノ両方のよさが伝わる曲、心に響く曲を演奏している。
同樂會(台湾)、熊本地震チャリティー二胡の夢コンサート(鹿児島)、二胡の夢コンサート(東京王子ホール)、水前寺成趣園湧水復活感謝デーコンサート出演などデュオ活動のほかに、柳美佳子は第4回日本二胡検定試験9級取得(受験者の中の最高級)、日本二胡検定試験優秀合格者演奏会(福岡)に出演。楠元花実は第32回八代青少年音楽コンクール金賞及び協会グランプリ賞、第34回熊本県高等学校ピアノコンクール金賞、第19回NY国際ピアノ音楽祭マスタークラス受講(県助成)などの実績も重ねている。
工藤 侑子

審査員特別賞 受賞
工藤 侑子

専修大学玉名高等学校卒業。平成音楽大学 音楽学部 音楽学科 電子キーボードコース(電子オルガン専攻)4年在学中。九州音楽コンクール電子オルガン部門 第16回審査員特別賞 第17、19回銀賞 第18回銅賞。HEISEI MUSIC FESTIVAL 2013 高校生 ドリーム賞 2014、2015、2016 ナイスキャラクター賞。平成音楽大学 電子オルガンフェスティバル2014、2015出演。電子オルガン・作曲を出田敬三、電子オルガンを中村真貴、小原真知子の各氏に師事。
FreeStyle
ゲスト: FreeStyle
2002年、福岡、熊本、鹿児島の大学邦楽サークルでそれぞれ活動していた男性4人で結成された和楽器演奏ユニット。敷居が高いと思われがちな和楽器の演奏を一人でも多くの方々に聴いてもらい邦楽としての敷居の高さ、堅苦しいというイメージを少しでも払拭するために活動中。伝統を重んじつつも、現代曲・ポップス・古典・オリジナル曲等、幅広いジャンルの楽曲にチャレンジし多数の依頼演奏及び路上演奏、ホール演奏等の活動を行っている。
第3回熊本アートフェスティヴォ!一般部門審査員特別賞受賞。
<出演者>
村上徹(箏)、稲吉一馬(箏)、田中一平(尺八)
山根 吏央
新進若手演奏家: 山根 吏央
氷川町及び八代市中学校組合立氷川中学校2年。4才より岡純子氏の元ヴァイオリンを始める。平成29年3月、八代市鏡文化センターに於いて、紺野美沙子「朗読座スマイルコンサート」に出演。同年9月には、広瀬ヴァイオリンスクール主催、第86回弦楽合奏発表会でソリストを務める。11月に行われた第12回「次世代育成推進フォーラムin氷川町」では、「大地に輝く氷川っ子」の発表としてヴァイオリンを演奏。かがみふるさと音楽祭など多数のコンサートに出演。第50回熊日学生音楽コンクール弦楽器部門中学生の部最優秀賞及び県知事賞など多数受賞。現在、広瀬祐子氏に師事。
 
正源司 有加 ●ピアノ伴奏:正源司 有加
熊本県立熊本高等学校を卒業後、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て同大学大学院音楽研究科(修士課程)鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。在学中、大学より奨学金を受けザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に短期留学しディプロマを取得。
的場 悟史
新進若手演奏家: 的場 悟史
9歳よりサクソフォンを始める。サクソフォンを千田庸介、志垣美雪の各氏に師事。 第28回、30回熊本県高等学校管打楽器独奏コンクール金賞。第41回全九州高等学校音楽コンクール管打楽器部門代表選考会において熊本県代表推薦を受け、同音楽コンクール木管部門にて銅賞。第11回JBAソロコンテスト熊本県大会金賞。2017年度東海大学学園オリンピック音楽部門金賞。2017 Heisei Music Festivalにおいて高校生グランプリ受賞。第50回 熊日学生音楽コンクール管打楽器部門最優秀賞及び熊本市賞を受賞。上野耕平、ファブリス・モレティ各氏のプライベートレッスンを受講。東海大学付属熊本星翔高等学校卒業予定。
  ●ピアノ伴奏:山川 亜矢
松永 藍
新進若手演奏家: 松永 藍
鹿児島女子高等学校卒業。第38回鹿児島県高等学校音楽コンクール声楽部門 グランプリ。第8回東京国際声楽コンクール本選入選。第18,19回九州音楽コンクール声楽部門最優秀賞。第19回九州音楽コンクール受賞者記念コンサートカワイ賞。声楽を常森寿子、池田聰の各氏に師事。現在平成音楽大学音楽学科声楽コース3年在学中。
  ●ピアノ伴奏:島袋 未咲

出演時間は予定です。状況により多少変動する場合がございます。




3月11日出演者紹介

楠田 美保
大賞 受賞
楠田 美保
熊本県立熊本北高等学校 卒業。現在、平成音楽大学 音楽学部 音楽学科 作曲コース(電子オルガン専攻)4年在学中。
九州音楽コンクール 第17回・第18回 審査員特別賞、第19回 最優秀賞・ヤマハ賞。Heisei Music Festival 2013 高校生 ベストプレイヤー賞、2014・2015 大学生 ベストプレイヤー賞、2017 大学生 グランプリ。平成音楽大学 電子オルガンフェスティバル 2014・2015出演。熊本産ミュージカル制作のため、2015年にオープンしたミュージカル制作スタジオ『in.K.musical studio』公演での演奏。
作曲・電子オルガンを出田敬三、電子オルガンを中村真貴、高平春花の各氏に師事。
船津 真美子
聴衆賞 受賞
船津 真美子
5歳よりドイツにてヴァイオリンを始める。相愛大学音楽学部卒業、研究生修了。第6回日本クラシック音楽コンクール大阪大会奨励賞、全国大会入選。グレゴール・ブーロ、里屋智佳子、小谷公子、木野雅之氏に師事。ベルリンにてレオン・シュピーラー氏(ベルリンフィル・元コンサートマスター)にレッスンを受ける。大阪交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団など各地のオーケストラで客演奏者として活動。2017年まで在住したタイでも、バンコク交響楽団に出演。現地でストリングカルテットのヴィオラ奏者として活動他、自身のヴァイオリンリサイタルも開催。日本演奏連盟会員。
●ピアノ伴奏:谷脇裕子/中学生の時に1年間ウィーンに滞在、市立音楽院でのクヴァチェック・クラス発表会に出演。これまでソロリサイタル、ピアノデュオリサイタルなどを開催。2008年よりTRIO GLANZとしてコンサートを開催、室内楽、伴奏でも活動している。平成音楽大学講師。
トラオレ ラミン
審査員特別賞 受賞
トラオレ ラミン
TRAORE LAMINE(トラオレ・ラミン) 1979年、マリ共和国クリコロ州カチ県の農村生まれ。7歳からバラフォンを、20歳からジェンベを始め、マリ国内各地にて演奏経験を積む。その後、アフリカ数カ国、ヨーロッパ、そして日本において、バラフォン、ジェンベ、カマレ・ンゴニ奏者として、演奏およびワークショップ活動を広げる。自らが作詞・作曲を手がける楽曲以外にも、ジャズ、クラッシック、邦楽ミュージシャンとの競演も積極的に行う。これまでに、HoDUNIYA(2010年)、MAMA、MALILA、N'BAOUDI(各2014年)をCDアルバムとしてリリース。現在、未発表のCDアルバム2作品の制作を進める。
自身の内側から出てくるものに忠実であることを第一とし、音楽を通して人生そのものや生きる楽しさを伝える。
去川聖菜 寺島梨湖
ゲスト: 去川聖菜 寺島梨湖
現在、ルーテル学院高等学校芸術コース3年に在籍。
●去川 聖奈:4歳からバイオリンをはじめる。第47回熊日学生音楽コンクール最優秀賞並びに熊日大賞、第40回第41回熊本県高等学校器楽コンクール金賞、第40回全九州高等学校コンクール金賞並びにグランプリ、第71回全日本学生音楽コンクール北九州大会第3位など受賞。
●寺島 梨湖:3歳からピアノをはじめる。2016年熊本県高等学校ピアノコンクール金賞、2017年ピティナコンペティション西日本グランミューズ地区本選入賞ヨーロッパ国際ピアノコンクール全国大会金賞及審査委員特別賞、熊日学生音楽コンクール優良賞など受賞。
第1回熊本アートフェスティヴォ!審査員特別賞受賞。
永松英利とその仲間たち
ゲスト: 永松英利とその仲間たち
2013年1月結成(夫婦2組4名編成)主にオリジナル曲を、ヴォーカル・ギター(永松英利)、ピアノ(光永涼子)、チェロ(光永正治)、コーラス(永松早苗)で演奏。教会や、公民館(人権集会)などで単独のコンサートを行う。永松英利:’70年代、フォークが好きでギターをかき鳴らしていた延長で、歌をつくり始めて30年、現在150曲。曲の殆んどがメッセージのある歌。’84年、障がい者列車ひまわり号の歌「愛と希望のせて」を作詞作曲。’94年、障がい者音楽グループ「わがままチンパンジー」に参加し、障がい者の詞に曲をつけ、小学校・福祉イベント・施設などで演奏活動を行う。’03年、大津町総合型スポーツクラブの歌「みんなの町で」を作詞作曲。’11年鎌田實著「アハメドくんのいのちのリレー」に感動し「いのちのリレー」を作詞作曲。 第2回熊本アートフェスティヴォ!チャレンジ部門聴衆賞受賞。
熊本雅遊会
ゲスト: 熊本雅遊会
2009年より、阿蘇市の小中学校の音楽授業にて「雅楽」演奏を行い、その活動は県内に広がる。
菊陽町ふれあ館においてコンサート、結婚式、地域の各種イベントにおいて演奏。
現在は、古典の雅楽だけではなく、お琴、電子ピアノ、サックス等ともコラボレーションして、親しみやすい現代曲も演奏し雅楽の普及に取り組んでいる。
第3回熊本アートフェスティヴォ!チャレンジ部門出演。

出演時間は予定です。状況により多少変動する場合がございます。




プレコンサート

会場:お菓子の香梅 ドゥ・アート・スペース 光の森店
入場料500円(高校生以下・70歳以上無料)
※ガラコンサートのチケットをお持ちの方は無料(要チケット持参)

出演時間は目安です。多少前後いたします。
なるべく公共交通機関をご利用ください。

平成30年2月17日(土)

藤本 美希
藤本 美希 (出演予定 14:05〜14:45)

熊日学生音楽コンクールヴァイオリン部門高校の部優良賞受賞。武蔵野音楽大学卒業後、熊本市助成金「人づくり基金」を受けフランスパリエコールノルマル音楽院ヴァイオリン科修了。これまでに東京フランス大使館内、ソロコンサート、芸能人のバック演奏、パーティー、結婚式、スクールコンサート、熊本市役所ロビーコンサート、クルーズトレイン「ななつ星」など熊本を中心に様々な場所で演奏を行なっている。

 
光永 育 ●ピアノ伴奏者:光永 育
国立音楽大学ピアノ科を経て、同大学院修了。 在学中、国内外派遣奨学金を得て、モーツァルテウム音楽院夏期アカデミー受講。第4回日本クラシック音楽コンクール優秀賞、全国大会にて秀演賞受賞。 ピア・デ・ムジーク代表。
光永 育 ●ドラム&パーカッション:長谷川祐亮
Rock、POPS、JAZZ、FUSIONなど、幅広いジャンルをカバーし、あらゆる演奏現場に対応するオールラウンドプレイヤー。レッスンにも精力的に取り組み、後世の指導にも当たっている。 音楽教室・音楽事務所 FUN MUSIC ROOMSの代表。
村田 裕未
村田 裕未 (出演予定 14:50〜15:10)

袴田和泉、吉川由三子、神西敦子の各先生に師事。熊本県立済々黌高等学校卒業、熊本大学教育学部中学校教員養成課程音楽専攻2年在学。第3回九州新聞社ピアノコンクール高校生ピアノ部門最優秀賞受賞。第7回ブリランテオオタニ音楽コンクールプロフェッショナルコースピアノ部門金賞受賞。第27回日本クラシック音楽コンクール大学生ピアノ部門本選優秀賞受賞、全国大会出場。


平成30年2月18日(日)

前田 鳳子

出演:前田 鳳子 (出演予定 14:03〜14:23)

熊本大学教育学部中学校教員養成課程音楽専攻4年在学。第12回九州音楽コンクールピアノ部門中学生クラス金賞・審査員特別賞。第36回ピティナ・ピアノコンペティション地区予選優秀賞・熊本南賞。第30回熊本県高等学校ピアノコンクール銀賞。平成25年さいたピアノコンクールフリー部門第3位。第17、18回九州音楽コンクールピアノ部門大学生クラス銀賞。現在、袴田和泉氏に師事。
前田 鳳子
ヴォーカルデュオひまわり (出演予定 14:25〜14:45)
熊本在住のヴォーカルとピアノのグループ。2015年に結成。昭和歌謡や熊本民謡を中心に活動を行う。聴き馴染みのある曲をお客様と一緒に歌う事もあり、幅広い年齢層から好評を得る。
●柴田悠花:2015年大分文化庁委託事業オペラ「フィガロの結婚」花娘でデビュー。
●柿坂佳美:2015年オペラ『ヘンゼルとグレーテル』露の精にてデビュー。
 
田端 愛華 ●ピアノ伴奏:田端 愛華
熊本市立必由館高校芸術コース音楽系ピアノ専攻を経て、大分県立芸術文化短期大学音楽科理論コースを首席で卒業。現在、熊本を拠点に作・編曲家、ピアニストとして活動している。
船津 真美子
船津 真美子 (出演予定 15:00〜15:40)
5歳よりドイツにてヴァイオリンを始める。相愛大学音楽学部卒業、研究生修了。第6回日本クラシック音楽コンクール大阪大会奨励賞、全国大会入選。グレゴール・ブーロ、里屋智佳子、小谷公子、木野雅之氏に師事。ベルリンにてレオン・シュピーラー氏(ベルリンフィル・元コンサートマスター)にレッスンを受ける。大阪交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団など各地のオーケストラで客演奏者として活動。2017年まで在住したタイでも、バンコク交響楽団に出演。現地でストリングカルテットのヴィオラ奏者として活動他、自身のヴァイオリンリサイタルも開催。日本演奏連盟会員。
 
光永 育 ●ピアノ伴奏:谷脇 裕子
中学生の時に1年間ウィーンに滞在、市立音楽院でのクヴァチェック・クラス発表会に出演。 2015年にはショパンのバラード全曲の演奏会を開催。2008年よりTRIO GLANZとしてコンサートを開催。平成音楽大学講師。

平成30年2月24日(土)

Angel Breath × Trio Seagal
Angel Breath × Trio Seagal 
(出演予定 14:05〜14:45)
●エンジェルブレス:数種のフルートを使って、幅広いジャンルの曲を演奏。(牛島梨沙・橋本和名花・松島里絵・松村光子・山内麻祐子)

● トリオセガール:2014年より、活動するピアノトリオ(リーダー兼ドラマー西田義伸、ベーシスト森本克明、ピアニスト小野田美緒)2017年10月に国際交流会館でCD発売記念スペシャルライブを開催。
瀬戸口 有紗
瀬戸口 有紗 (出演予定 14:50〜15:10)
平成音楽大学卒業。第30回、第31回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション全国大会出場。第19回九州音楽コンクールピアノ部門大学生クラス最優秀賞。平成音楽大学2017「華麗なる音楽の祭典」でモーツァルト作曲ピアノ協奏曲第23番ソリスト出演。現在、平成音楽大学ミュージックプロフェッショナルコース(M.P.C.)在学、(株)有明楽器システム講師。前田愛美、中島和代、松崎怜子の各氏に師事。

このページの上にもどる